正しい知識を身に付ける!LINEサイバー防災訓練に参加しよう!【LINEセキュリティ】

6月9日はLINEサイバー防災の日

便利に楽しく使えるLINEはたくさんの人に親しまれていて利用者も非常に多いです。

でも、便利なLINEだからこそ(残念ながら)犯罪者に悪用されるのも事実。

LINEの乗っ取りや知らない人からの迷惑ラインなどなど。

ネット犯罪に巻き込まれると、あなた自身もそうですが知り合いを巻き込むことになりかねません。

そこで、LINEは毎年6月9日を「サイバー防災の日」に制定し、LINEのセキュリティについて注意喚起をはじめました。

それが、LINEサイバー防災訓練です。

ものすごく分かりやすい内容になっていますのでぜひ訓練に参加してみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

LINEサイバー防災訓練が始まらない?

アクセスの集中で訓練が始まらない場合があります。その時は時間を置いてアクセスしてみてください。

ポップアップ画面を閉じてしまっても「設定」の「お知らせ」から入れます。

「設定」→「お知らせ」→「LINEサイバー防災訓練で、乗っ取りから見を守ろう!」

サイバー防災訓練の「お・か・し」

LINE公式が作成した標語だけあってとても分かりやすい内容ですね。

これさえ知っておけばLINEのトラブルに巻き込まれることも少なくなるでしょう。

せっかくなのでご紹介します。

合言葉は「お・か・し」

「お」おしえない

LINEの乗っ取り犯は最初に電話番号を聞いてきます。

次にSMS認証番号を聞いてきます。

電話番号だけで乗っ取られる(不正アクセス)ことは絶対にありませんが、認証番号まで知られてしまったらアウトです。

4桁の認証番号は絶対に誰にも教えないでください!

「か」かくさんさせない

乗っ取り犯は、乗っ取ったアカウントを利用してさらに次の詐欺へと悪用します。

乗っ取り→乗っ取り→乗っ取り…とどんどん被害が拡大していきます。

つまりあなたの知り合いがどんどん詐欺被害にあっていくわけです。

これを防ぐためにも乗っ取られたアカウントを発見したらすぐにLINEに通報しましょう。

LINE側でアカウント停止などの処置を取って被害の拡散を防いでくれます。

最近はタイムラインにエッチな写真を載せるアカウントとか、知らない人から友だち追加されたりとかも多いです。

これらも詐欺ですのでどんどん通報して被害を防ぎましょう。

「し」しんじない

乗っ取り犯はあなたの知り合いになりすましてメッセージを送ってきます。

家族や友だち、同僚など…いくら親しい人でも「電話番号を教えて」「認証番号を教えて」「コンビニで電子マネーを買ってきて」と言われたら詐欺を疑ってください。

こんな時はLINE以外で連絡をとって本人に確認しましょう。

電話で確認するのが一番いいですね。

確認すると乗っ取られているケースがほとんどです。

乗っ取られた場合は被害を防ぐために、LINEの友だちに注意喚起をしましょう。(注意喚起するように友だちに教えてあげましょう。)

「LINEのアカウント乗っ取られたから自分からのLINEは無視して!」

メールやtwitter、フェイスブック、電話など何でもいいです。

そして、すぐにLINEの問題報告フォームに問い合わせをしてください。

LINE側が何らかの対応をとってくれます。

LINEを安全に使う知識を身に付けよう

もしLINEのアカウントを乗っ取られたら…。

LINEのデータやトークは消えたり、アカウントの復旧に時間が掛かるかもしれません。

自分だけの被害ならまだいいですが、知り合いにも迷惑がかかってしまうかも。

無駄な時間やお金を使いますし、何より精神的ダメージが大きいです。

適切な対策や対処をとれば被害を未然に防ぐことができます。

「LINEサイバー防災訓練」は非常にいい企画ですね!

これを機会にサイバーセキュリティについて考えてみましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です