Y!mobile(ワイモバイル)を2年間使ってみて分かった3つのメリットと1つのデメリット

2年間ありがとう!Y!mobile!

光陰矢の如しと言いますが、ワイモバイルを使い始めてからもうすぐ2年になろうとしています。

その時(2年前)の記事がコレですね。

ちょうどブログを初めたときの記事なので読み返すとちょっと恥ずかしいです(^_^;)

ワイモバイルの2年契約が満了し、更新月が近づいております。

ぶっちゃけワイモバイルに対して何も不満はないのですが、残念ながらMNP(携帯会社乗り換え)することになりそうです。※理由は後述

そこで、メインのスマホとして2年間使ったワイモバイルについて正直な感想を書いてみることにしました。

まずは3つのメリットからどうぞ!

スポンサーリンク
レクタングル(大)

1 驚異的な安さ!

まずは、こちらをご覧ください。

ね?安いでしょ?

3,530円(税込)ですよ?

3大キャリアだと7,000~8,000円くらいが相場ですが、約半額です。

しかも実はコレって…

2回線分の料金ですから!!

マジです。

2台で3,500円です。

  • 1台目2,000円
  • 2台目1,500円(家族割で500円引き)

しかも!

データ容量2倍キャンペーンで3GB×2の6GB(1台当たり)!

さらに端末代金一括0円

Google謹製のNEXUS5!

逆に不安になるくらいの大盤振る舞いでございます。

申し訳ないので「あと2,000円くらい出してもいいですよ…」と言ってしまいそうになるレベル!

この2年間はほとんどスマホにお金は掛からなかったですねぇ。

2 普通に使える電波環境

格安スマホということで電波の品質や安定感が気になるところではあります。

これは、もう自信を持って言います。

普通に使えます!むしろ良い!

ワイモバイルはソフトバンクの通信網を使っている(間借り)ので何も問題ありません。

遅くなったり不安定になったりも無し!

むしろWiMAXよりもいいくらいです。

一昔前と違ってソフトバンクの電波は改善されているので余裕で大丈夫ですよ。

3 サクサク快適スマホ!

一括0円で手に入れたNEXUS5。

これが素晴らしい!

とにかくサクサク!

なぜなら余計な機能やアプリが入ってないから!

最低限のGoogleアプリがインストールされていて、「後はお好みでカスタマイズしてね❤」仕様。

軽いは正義ですね。ストレスゼロです。

2年使い倒しても不具合なしの素晴らしい機種でした。

今はラインナップも充実してますね。

もちろんNEXUSシリーズもありますし、iPhoneも取り扱っているのできっと気に入った機種が見つかるはずです。

唯一のデメリットは…

いいことだらけのワイモバイル。

出来ることならこのまま使い続けたいのですが、残念ながらそれは出来そうにもありません。

それが唯一のデメリット、2年後に料金がはね上がるです。

私のプランはスマホプランMなので…

2,000円→3,980円になっちゃいます。

単純に2倍ですね(^_^;)

2回線分だと、3,500円→8,000円です。

しかも、6GBのデータが3GBへと半減します。

さらに契約は2年延長なのでNEXUS5を使い続ける必要があります。

さすがに同じ機種を4年使うのは辛いものがありますねぇ。

SIMフリースマホを買うにも高いし。

ってことで、2年契約の更新月にMNPをするのが賢い選択と言えそうです。

だがしかし!

新規契約やワイモバイルへのMNPを考えている方には自信を持っておすすめできます。

今でこそ楽天モバイルやUQモバイルが出てきてますが、ワイモバイルは格安スマホの先駆けです。

契約件数もまだまだ圧倒的にNO1です。

王者は王者なりの安定したサービスが期待できるわけです。

  • 10分以内の通話無料が回数無制限
  • 2年後の更新で1,000円引き
  • Yahoo!プレミアム代金が無料
  • データ通信量2倍

お得なサービスも揃ってますしね。

次のMNPは楽天モバイルかUQモバイルを考えていますが、2年後は間違いなくワイモバイルに戻ってくると思います。

それほど大満足の2年間でした。

ありがとう!ワイモバイル!

また会う時はよろしくね!

※ 2台で3,500円はワイモバイルがシェア拡大の為に行っていた格安キャンペーンだと思います。現在はそこまでの大幅値引きは期待できないかもしれません。詳しい料金はワイモバイルに問い合わせて確認してください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。