WiMAXと無線LANルーターの接続方法【自宅の固定回線として使おう】

WiMAX2+のモバイルルーターと無線LANルーターを繋げてみた

WiMAX2+はかなり実用的な速度なので、自宅の固定回線代わりとしても十分に利用できます。

WiMAX2+を自宅の固定回線(フレッツ光など)の代わりとして使う時は、WiMAXからの電波を直接拾ってもいいのですが、無線LANルーターを経由した方が色々とメリットがあります。

例えば、今まで構築してきたLANを崩す必要がないことです。

私のLANの構成は

○ PC

○ PS3

○ プリンター

○ テレビ

○ タブレット1台

○ スマホ4台

以上のとおりかなりの台数です。

これを設定し直すのはかなり面倒ですね。

プリンターはWi-Fiなので無線LANルーターは必須ですし、簡易NASを使っている場合も同様です。

他にもパソコンを有線LANで接続できるメリットもあります。

速度的にはそんなに変わらないでしょうが、有線の方が多少安定するのは間違いありません。

ということで、ややイレギュラーな使い方ですが、WiMAX2+モバイルルーターと無線LANルーターを接続してみます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

WiMAXと無線LANルーターを繋げてみよう(準備するもの)

まずはWiMAX2+のモバイルルーターです。

IMG_4224

これで受信した電波を無線LANルーターに送るのですが、このままでは繋ぐことができません。

無線LANルーターに繋ぐには有線LANポートが必要なのです。

そこで必要になるのがクレードルです。

IMG_4210

クレードルという名称ですが、簡単に言うと充電スタンドみたいな感じです。

IMG_4212

こんな感じでセットします。

ガラケー時代は充電スタンドが一般的でしたね。

これで充電が出来るのですが、もう一つ機能が付いています。

IMG_4211

クレードルには有線LANポート(右側)が備わっています。

左側は充電の差込口です。(マイクロUSB)

IMG_4218

あとは無線LANルーターとLANケーブルがあれば準備はOKです。

それでは接続してみましょう。

WiMAXと無線LANルーターを繋げてみよう

接続方法はとても簡単です。

無線LANルーターとWiMAXモバイルルーターをLANケーブルで繋げるだけ。

IMG_4216

こんな感じです。

(分かりやすくするために電源ケーブルは省いています。)

裏から見るともっと分かりやすいですね。IMG_4217

WiMAX側の設定は何も必要ありません。

繋げるだけです。

無線LANルーター側も特に設定は必要ないです。

私の場合はフレッツ光からWiMAXに乗り換えたので、繋げる前に無線LANルーターをリセットしました。

リセットしてLANケーブルで繋げただけで接続完了です。

※ お使いの無線LANルーターによっては何らかの設定が必要かもしれません。

WiMAXと無線LANルーターを繋げてみよう(注意事項)

本来はこの有線LANポートはパソコンに繋げるためのものだと思います。

IMG_4211

UQWiMAXの公式ホームページを確認しましたが、無線LANルーターとの接続についての記述はありませんでした。

あまり一般的ではないのかもしれませんね。

完全に自宅用としてWiMAXを使うのであれば、据え置きタイプのWiMAXルーターもありますのでそちらも検討してみたほうがいいと思います。

それと、WiMAXルーターは窓際に置きましょう。

電波の拾い具合がぜんぜん違います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です