初心者向けのランサムウェア対処方法【ウイルス対策】

大切なデータが消える前に

ランサムウェアは一般的にあまり聞き覚えのない名称だと思います。

コンピューターウイルスの一種ですが、実は定期的に名前が上がってくる有名な手口のものです。

ランサムウェアに感染したコンピューターはデータ(写真や文書ファイルなど)を勝手に暗号化されてしまいます。

暗号化されるので、あなたは自分のデータを見ることができなくなります。

ランサムウェアを仕掛けた犯人はあなたにこう言います。

「暗号化を解除して欲しければお金を払え!」

つまり、あなたの大切なデータを人質に取られてしまうのです。

別名、身代金要求ウイルスとも言われています。

感染経路は様々ですが、ウェブページを表示しただけで感染するものも確認されています。

お金を払ったとしてもデータが戻ってくるかは分かりません。

つまり大切なデータがある日突然消えてしまうかもしれない可能性があるわけです。

でも、簡単な対策で被害に遭う可能性を低くすることができますのでぜひ実践してください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

データのバックアップをとる

これはデジタルデータ全般に言えることですが、バックアップは非常に大切です。

コンピューターウイルスに限らず、機械トラブルなどの物理的原因でデータが消える可能性があるからです。

デジタルデータは消えるのは一瞬です。

後悔しないためにも定期的にバックアップをとりましょう。

バックアップは外付けハードディスクやUSBメモリ、SDカードなどで行いましょう。

普段はコンピューターに繋がず、物理的に離しておくのが望ましいです。

繋ぎっぱなしだとウイルスが入り込む危険性があるからです。

最近はハードディスクの値段がかなり下がっているので購入しやすいと思います。

バックアップを取っていればランサムウェアに感染して暗号化されたとしても、とりあえずデータの被害だけは防げます。

私の場合は月に1回以上バックアップをとっています。

コピー、貼り付けの簡単な作業なので必ず実践してください。

消えてからでは遅いですよ。

OSやソフトを最新の状態にする

コンピューターウイルスはプログラムの脆弱性を狙って攻撃してきます。

脆弱性とはかんたんに言うと「弱点」です。

弱点を見つけて修正したものを「アップデート」と言います。

○ OS(Windows,iOS,Androidなど)

○ ウイルス対策ソフト

○ 各種ソフトウェア

○ アプリ

などは定期的にアップデートの通知がくるので必ず実行してください。

設定によっては通知が来ない場合があるので確認をしましょう。

各種ソフトウェア(JAVA、Adobeなど)が最新の状態か確認するには「MyJVN バージョンチェッカ」がおすすめです。

ウイルス感染に備えよう

あなたのコンピューターは常に危険に晒されていると言っても過言ではありません。

それほどインターネットの世界は危険がいっぱいなのです。

あの手この手で情報や金銭を搾取しようと画策しています。

OSやソフトウェアを最新の状態にしたり、ウイルス対策ソフトを導入したりするのは最低限の対策だといえるでしょう。

残念ながらセキュリティを万全にしても100%安全とは言えません。

それがコンピューターの世界です。

なので、「もしウイルス感染してしまったら」のことを考えて必ずバックアップをとるようにして下さい。

自然災害対策と同じです。

「もしもの時」を想定していれば被害を最小限に抑えることができます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です