COUNTIF関数で条件に一致したセルを数えよう【エクセル関数・中級】

COUNTIF関数で特定の文字列を数える

COUNTIF関数は指定した条件に一致したセルを数えます

COUNT関数シリーズはいくつか種類があるので上手く使い分けましょう。

※ COUNT関数は数値が入力されているセルを数える。

※ COUNTA関数は空白のセルを数える。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

COUNTIF関数の入力方法

まずは入力方法を確認しましょう。

引数が2つだけなのでシンプルな構成です。

=COUNTIF(D3:D13,C17)

引数の意味はこうなります。

=COUNTIF(範囲,条件)

わかりやすく書くと

=範囲の中から条件に一致するセルを数えるよ(範囲,条件

条件は「文字列」でも「数値」でもOKです。

COUNTIF関数の使い方

それでは実際に使ってみましょう。

5465483

オレンジ色に塗りつぶしたセルに数式が入力されています。

COUNTIF関数はまず範囲を指定します。

範囲はD3:D13、つまり青枠の部分です。

次に条件を指定します。

条件は「MF」です。(文字列を直接入力するときは””で囲みましょう。)

範囲の中から条件に一致する個数は…「5」個ですね!

それでは別のパターンでやってみましょう。

54865

=COUNTIF(D3:D13,C17)

今回の式は条件」でセルを参照しています。

セルC17には「5」が入力されています。

つまり、範囲の中から「5」の個数を数える式になります。

「条件」は直接入力と参照入力の2パターンの入力方法があります。

直接入力→=COUNTIF(D3:D13,”MF”)

参照入力→=COUNTIF(D3:D13,C17)

COUNT関数やCOUNTA関数と違い、条件を指定できるのがCOUNTIF関数の利点です。

非常に使い勝手のいい関数なので積極的に使ってみましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です