怪しいサイトをどうしても確認したい時はaguse Gatewayを使おう【サイト調査】

安全にサイトを閲覧する方法

スポンサーリンク
レクタングル(大)

aguse Gateway

「迷惑メールや迷惑ラインなどに添付されたURLはクリックしないでください。」

「掲示板のURLはむやみにクリックしないでください。」

このブログの読者の皆様は聞き飽きたフレーズでしょう。

http://tsr-os.com/

これがURLです。

信頼できる人が貼ったURLなら安心です。(100%ではないですが)

でも、どこの誰が貼ったか分からない怪しいURLには注意が必要です。

なぜならどこに飛ばされるか分からないからです。

詐欺サイト、アダルトサイト、フィッシングサイト、偽ショッピングサイトなどなどインターネット上には危険なサイトがたくさんあります。

中にはアクセスしただけでウイルス感染するサイトもあります。

前置きが長くなりましたが、aguse Gatewayを使えば怪しいサイトを安全に確認することが出来ます。

基本的に怪しいURLにアクセスすることは推奨しませんが、「どうしても」「やむを得ない事情で」という方はこの方法を試してみてください。

aguse Gatewayの使い方

使い方はとても簡単です。

1 公式サイトにアクセス

https://gw.aguse.jp/(aguse Gateway公式サイト)

21546

2 検索フォームにURLを入力

左上のフォームにURLを入力しましょう。

当ブログのURLで試してみます。

「http://」は省略してもOKです。

24568

入力が終わったら「GO」ボタンをクリックしてください。

3 検索結果が表示される

少し待てば検索結果が表示されます。

ここで表示される情報は「画像」です。

ですので仮にウイルスが埋め込まれていても感染することはありません。

25898

aguse Gatewayの仕組み

① aguse Gatewayが私たちの代わりにサイトを見に行く

② サイトの写真を撮る

③ サイトの写真を私たちに見せてくれる

この様な流れになっています。

私たちの代理になってサイトを訪問してくれるイメージです。

持って帰ってきた写真はただの画像ですので、ウイルス感染の危険性はゼロです。

とても簡単に使えるのでぜひ活用してみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です