COUNT関数で数値が入力されているセルを数えよう【エクセル関数・初級】

COUNT関数で数値の個数を数える

スポンサーリンク
レクタングル(大)

COUNT関数の使い方

COUNT関数は数値が入力されているセルの個数を数えます。

さっそくですがこちらをご覧ください。

8564

計算結果の欄に関数を入力しています。

左がCOUNT関数、比較として右にSUM関数を入力しています。

SUM関数との違いが分かりますか?

SUM関数は数値の合計を表示しているのに対し、COUNT関数は数値の個数を表示していますね。

数値が入力されているセルは10個あるよ!というのがCOUNT関数の計算結果です。

COUNT関数の使い方(例)

学校の先生がテストの点数を入力しているとします。

3年1組の10人の生徒の内、テストを受けたのは何人でしょう。

44444

COUNT関数は数値のみを数えます。

「欠席」は数値では無いので省かれているのが分かりますね。

「欠席」の2人以外は点数が入力されているので答えは8となります。

COUNT関数の入力方法

入力はとても簡単です。

=COUNT(D3:D12)

()の中は数値を数えたい範囲を指定するだけです。

分かりやすく書くと

=COUNT(範囲)

こうですね。

もっと分かりやすく書くと

範囲の中に数値がいくつあるか数えるよ(範囲)

こうなります。

COUNT関数シリーズにはCOUNTACOUNTIFなどがあります。

どれも似たような使い方なので、COUNT関数シリーズの基礎知識としてまずはCOUNT関数をマスターしましょう。

といってもそんなに難しくはありません。

1回使えば理解できると思います。

それでは、さっそく使ってみましょう!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です