インターネット上の「嘘」に注意しましょう【ネット詐欺】

デマツイート、掲示板書き込み、チェーンメッセージ

スポンサーリンク
レクタングル(大)

インターネットの情報を鵜呑みにしないこと

インターネット上には様々な情報が飛び交っています。

その中には正しい情報もありますが、誤った情報も含まれています。

誤った情報とは「ウソ」の情報です。

ウソ情報はインターネットに山のように転がっています。

でもどれが本当で、どれが嘘かなんて分かりません。

「この情報は本当ですよ。」「これは嘘ですよ。」なんて書いてないからです。

あなた自信で判断するしかないのです。

インターネットを利用する時には「情報を見抜く力」が必要になります。

ウソ情報の発信先

現在は誰でもインターネットが使える環境になりました。

昔はパソコンがなければ情報発信は難しかったですが、今や子どもがスマホやゲーム機で気軽に書き込みをしています。

現在の情報発信ツールと言えばSNSでしょう。

TwitterやLINEなどのSNSは情報共有が容易ですので、あっという間に情報が広がっていきます。

他にもブログや掲示板、サイトなど、ウソ情報は多岐に渡って発信されています。

ウソ情報の目的

なぜウソ情報を流すのでしょうか?

ウソ情報を流すのは目的があります。

目的を知ればウソ情報の被害に遭うことを防ぐことができます。

○ アクセス目的

○ いたずら目的

○ 金銭、身体目的

ツィッターなどでデマ情報を流す人は「目立ちたい」「リツイートされたい」という動機があります。

コンビニの冷蔵庫に入ったり、駅の線路内に入ったりするツィートが問題になりましたが、全て「アクセス目的」「いたずら目的」に該当します。

もう一つは「金銭、身体目的」です。

詐欺サイト、偽通販サイト、ワンクリック詐欺、迷惑メールなどは、全て金銭目的のウソ情報です。

ありとあらゆる手を使ってあなたを騙そうとしてきます。

参考記事:あなたの金銭を狙っている!危険なネット詐欺

未成年者は身体目的で狙われます。

子どもはスマホを使って大人と簡単にコンタクトを取れます。

いい大人だけならいいのですが、実際はそうではありません。

子どもたちは騙されることに免疫がありませんから、犯罪者にだまされやすいです。

参考記事:危険!子どもを狙うインターネット犯罪

ウソ情報にだまされないために

ウソ情報にだまされないためには「疑う心」でインターネットを利用してください。

「疑いながら」って何だか寂しいですが、自己防衛のためには仕方ありません。

インターネット上が全て善意に満ちた正しい情報ならいいのですが、実際はそうではないからです。

では、情報の真偽をどのように判断すればいいのでしょうか?

それには発信元を確認することが最も有効な方法です。

例えば大手サイトに掲載されているニュースや著名な人が発信している情報は信ぴょう性が高いです。

なぜなら「責任」があるからです。

責任がある会社や個人は適当な事は発信しません。

一方、2ちゃんねるやツイッターなど不特定多数の人が書き込みできるものは注意が必要です。

そこには「責任」はありません。

個人が特定できないので、好きなことを書きたい放題です。

こういった所の情報は単体で判断するのではなく、その情報に信ぴょう性があるかソース(情報元)を他で確認することが大切です。

情報を見極める力をつけよう

インターネット社会では情報を見極める力が必要です。

昔は「情報」には一部の人しか触れることができませんでした。

今は誰でも平等に情報にアクセスできます。

年齢も性別も会社も役職も関係ありません。

これはチャンスです。

インターネット上の膨大な情報を上手く活用できれば、あなたの資産になります。

膨大な情報から取捨選択する力を身につけなければいけません。

2ちゃんねるにもツィッターにも有益な情報はたくさんあります。

しかし、無益な情報も同じくらいあります。

情報の波に飲み込まれてしまわないようにしましょう。

間違ってもウソ情報を拡散するようなことをしないでください。

ウソ情報をSNSのタイムラインやリツイートに載せてしまうと危険です。

あなたの知り合いにもウソ情報を流すことになります。

チェーンメールやチェーンメッセージはあなたの所で止めましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です