Bluetoothイヤホンを使ってみよう【ワイヤレス】

Bluetoothイヤホンのメリットとデメリット

Bluetoothイヤホンか有線イヤホン。

どちらにしようか迷っていませんか?

迷う気持ちは分かります。

一見、Bluetoothイヤホンの方が使いやすそうですが実はそうではないからです。

どちらも一長一短、メリット・デメリットが半々くらいです。

人によっては従来の有線イヤホンの方が使いやすかったりもします。

それぞれのメリット・デメリットを理解した上で選んでみましょう。

IMG_3859

一般的なBluetoothイヤホン

スポンサーリンク
レクタングル(大)

Bluetoothイヤホンのメリット

ワイヤレス(無線)である

これが最大のメリットですね。

そして唯一のメリットだと言えるでしょう。

「えっ?メリットは一つだけ?」と思うかもしれませんが、ワイヤレスの使い勝手は本当にすごいです。

有線イヤホンだとコードが長くて煩わしい思いをしたことはありませんか?

特にジョギングやウォーキングで音楽を聴く方はメリットが大きいでしょう。

そう!コードが短いほど使いやすいのです。

物理的に本体とイヤホンが繋がっていないので、コードが絡まってイライラすることもありません。

ワイヤレスイヤホンは一度使ったら二度と手放せなくなるほど使いやすいのです。

IMG_3854

Bluetoothイヤホンのデメリット

充電が必要

Bluetoothイヤホンはコンパクトに設計されているのでバッテリーがあまり持ちません。

場合によっては毎日充電しないといけません。

充電が切れた場合はもちろん使用できません。

IMG_3855

充電はマイクロUSBケーブルを使います。

ノイズが入る

機器同士の距離にもよりますがノイズが入る場合もあります。

あくまでも無線なので仕方ありません。

音質にこだわりがある方はやめたほうがいいでしょう。

しかし、よっぽど距離を開けない限りクリアに聴こえます。

価格がやや高い

有線イヤホンに比べて価格が高いです。(若干ですが)

カラーバリエーションも多くありません。

本体がやや大きい

普通のイヤホンに比べて本体が大きいです。

といっても気になる程度ではありません。

購入前に実物を見ることをおすすめします。

Bluetoothイヤホンと有線イヤホン。どちらがよいか?

結局どちらがいいのでしょう?

まだ決められない…という方はデメリットをもう一度ご覧ください。

これらのデメリットがあってもワイヤレスに魅力を感じるのならBluetoothイヤホンを選んでも後悔しないでしょう。

逆に「なんだか面倒くさそう…。」と思った方は普通の有線イヤホンを買ったほうがいいです。

IMG_3858

イヤホン本体で再生、停止、曲送り戻し、音量調整など簡単な操作ができます。

最大のデメリットであるバッテリーが改善されて長時間使えれば言うことありません。

私の場合は電池切れに備えて有線イヤホンを持ち歩いています。

しかし、今後はバッテリーも徐々に改善されて充電いらずになっていくでしょう。

バッテリー以外のデメリットは気にするほどではありません。

Bluetoothイヤホンは価格が下がってきているので試しに買ってみるのもいいでしょう。

ワイヤレスの使い勝手は本当に良いので病み付きになってしまうかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です