詐欺に引っかかったらまずは消費生活センターに相談を!【ネット詐欺】

アダルトサイト、ワンクリック詐欺、迷惑メールの相談は公的機関へ

スポンサーリンク
レクタングル(大)

詐欺にあった人をさらにだます詐欺

インターネットを使った犯罪は多種多様ですが、年々手口が巧妙になっています。

何も知らない人が、例えばワンクリック詐欺に引っかかったらパニックになってしまうでしょう。

アダルトサイトでクリックしたら勝手に登録されてしまった。

高額の請求画面が表示されて消えない、期日は3日以内に指定されている、個人情報が漏れているようだ。

どうにか解決しようとしてネットで検索してみると「解約交渉代行」「お金を取り戻せる」「個人情報の削除」といった記載のある行政書士のホームページを見つけた。

ここなら解決してくれそうだ。と思って連絡すると50,000円も請求されてしまった。

このような相談が増えているみたいです。

国民生活センターによると平成26年中で516件の相談があったとのことです。

なんと前年比416%増!です。

65465

国民生活センターの公式サイトより引用

行政書士という安心感から、依頼をして高額な代金を請求されてしまうようです。

でも、行政書士には「返金請求」や「解約交渉」を行う権限はありません。

これは本来、弁護士が行う業務だからです。

つまりは詐欺と言うことです。

※ 国民生活センターのサイトでは「詐欺」の記述はありませんが、私は詐欺だと思います。サイトの内容が怪しいものがたくさんあります。詐欺サイトの悪質業者が「解決しますサイト」を運営している可能性もあります。(もちろん正規のサイトも存在します。)

被害に遭ったらどうすればいいの?

ワンクリック詐欺やその他のネット犯罪についてはこちらの記事をご覧ください。

参考記事:こんなにたくさんあるの?ネット犯罪について

簡単に言いますと、契約は無効なので支払う必要はないのです。

無視をすればいいのです。

相手をしないのがベストな選択。

だから、この手の業者に解決を依頼するのが間違っています。

解決しなくてもいいのですから。

どこに相談すればいいの?

お近くの消費生活センターか、もしくは警察署です。

安心の公的機関です。もちろんお金は必要ないです。

念のため国民生活センターの公式ホームページを載せておきます。

中途半端な業者よりこちらの方が場数をこなしているので有用な対処方法を教えてもらえると思います。

それでも専門の法律家に相談したい

個人情報を教えてしまったり、お金を振り込んでしまって取り返したい。

警察に相談してもお金は返ってきそうにないし…。

こんな方が「行政書士のサイト」に連絡するのは止めません。

そもそもこういった解決します系サイトは全部が全部偽物ではありません。

中には弁護士が運営しているサイトもあります。

そのような真っ当なサイトであれば何も問題ないのです。

適正な金額で適正に問題を解決してくれるでしょう。

なんせ法律のプロですからね。

ただ、このような手口があることだけ知ってもらえれば十分です。

偽のサイトにだまされないでください。

まずは消費生活センターに相談しましょう

しつこいようですが、詐欺に遭った時はまず消費生活センターに相談してください。

それからその後の対処方法を考えましょう。

もしかしたら払わなくていいお金を払わずにすむかもしれません。

でも、私だったら依頼はしないですね。

個人情報削除?

悪質業者が本当に削除したのかなんて分かりません。

携帯番号やメールアドレスを変更したほうが早いです。

自宅に変な荷物が届いたら受取拒否。

解約交渉?

そもそも契約が無効なので解約の必要はありません。

ただし、被害に遭った金額が高額だったり、個人情報が漏れて不安な方もいるでしょう。

そういった方がどうにか解決したいと思うのは無理ありません。

高額の被害だったらお金を取り戻したいでしょう。

アダルトサイトに関する行政書士の相談がこれだけあることを念頭に置いて信頼のおける解決業者に依頼してください。

ネットの口コミなんかも参考になります。

繰り返しになりますが、詐欺業者ではない正規の業者もあります。

インターネットは見極めが大事なのです。

参考記事:スマホでアダルトサイトを見ていたら請求画面が表示された【ネット詐欺】

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です