マザーボードのケースファンのコネクターが足りなかったので電源を分岐してみた【初心者向け】

パソコンケースのファンを4つ回したいけど、マザーボードに3つしかコネクターが無い!

そんな時に見る記事です。

とは言っても難しい話ではなく、ただ単に電源を分岐すればいいだけなのでとても簡単。

ケースファンのコネクターが足りない時はこちらの商品を購入してください。

1つの電源を2つに分岐できます。

変換名人 FAN用電源分岐ケーブル PWM(温度情報による回転数自動制御)対応 FAN4/2

Amazonで500円でした。

リンクは貼ってないのでググってみてください。

ケースファンの分岐方法

私の使っているマザーボードです。

ケースファン(CHA_FAN)コネクターを数えてみましょう。

まずは1つ目。

2つ目。

最後の3つ目。

ちなみに隣の白いコネクターはCPUファンでございます。

ケースファンコネクターは3つですが、PCケースにはフロント、リア、そしてトップに2つの合計4つのファンが付いています。

ぶっちゃけブログを書くくらいしかパソコンを使わないので、ケースファンを4つも回す必要あるか?と言われると答えはNOですw

でも、付いているものは動かしたい!

トップのダブルファンでガンガン排熱してほしい!

ただそれだけ!

ということでケーブルを分岐します。

よく見ると一つが3ピン、もう一つが4ピンですね。

…違いは何でしょう??

ざっくり調べてみました!

  • 3ピン→ファンの回転数を検出できる。
  • 4ピン→ファンの回転数を検出できて、さらにファンの回転数をコントロールできる。

へー。なるほど。

ファンケース内の温度が低い時は回転数を抑えて、温度が上昇した時は回転数を上げるような使い方でしょうか?

ま、私には無縁の機能です。

そもそもケースファンのコネクターが3ピンしかありませんので…。

後付けのお高いファンケースは多分4ピンなんでしょうね。

しかし3ピンでも問題なく回ってくれます。

青/黄の線が2本に分岐しているのが分かりますか?

これをそれぞれのファンに接続して終了です。

(4ピン↔3ピンは互換性があるので普通に繋げられます。)

トップパネルからガンガン空気が流れてきます。

さすがダブルファンですねw

気が向いたら4ピンファンを追加しようと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。