フレッツ光の代わりにWiMAXを自宅の固定回線として使ってみた【WiMAX2+】

WiMAX2+は光回線並みに使えるか?

遅い!とにかく遅い!

自宅の光回線が遅すぎるんです。

夜間の時間帯(21時~0時)は回線が混雑して遅くなるのは分かっています。

しかし、それにしても遅い!

Screenshot_20160609-224730

この数字をご覧ください。

下り(ダウンロード)の速さはマックスでも8Mbpsです。

私の契約プランはフレッツ光の1ギガ(1Gbps)。

1Gbps=1000Mbps

つまり、全力を出せば1000の力が出せるのにたった8しか出していないのです。

2しか出さない時もあります。

完全にやる気を感じられません。

もちろん、1ギガがベストエフォート(理論値)だということは知っています。

でも8はあんまりですよね…。

フレッツ光のくせにありえない数字なんですが、昔はもうちょっと頑張ってたんですよ。

Screenshot_20160609-224519

これくらいの数字が出れば超快適サクサクなんですけどね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

WiMAXを自宅の固定回線として使ってみた

そこで、私は思いました。

「大して速くないなら別に光回線じゃなくてもいいじゃん。それならWiMAXを試してみようかな。料金も安いし。」

ということで、Try WiMAXを利用してWiMAX2+を試してみました。

WiMAXモバイルルーターと無線LANルーターを有線LAN接続してWi-Fiを飛ばしています。

光回線と同じ配線にしています。

さあ!結果はどうなったでしょうか?

Screenshot_20160609-224617

むむむ…。

下りはちょっとだけ速くなってますね。

一方、上りが壊滅的状況になっています。

まあ、上り(アップロード)はあまり使わないので気にする必要はなさそうです。

(WiMAXのサポートセンターによるとWiMAXは上りが弱いとのことでした。)

こちらは比較表です。

Screenshot_20160609-224730

インターネットの速度は場所や時間帯によって変化します。

なので、この結果は参考程度にしてください。

ただ、私の環境でしたらWiMAX2+でも何ら問題はありません。

大体、上りで10Mbpsもあれば十分だからです。

(ちなみにWiMAX2+のベストエフォートは220Mbpsです。)

結論

○ WiMAXは自宅の固定回線として使えます。

○ ただし、光回線ほどのスピードは出ません。

使い方によりますね。

オンラインゲームをしたり、高画質の動画をガンガン観るような人には向いていません。

光回線の方が絶対に速いです。

でも、私のようにサイト閲覧やブログを書く程度の使い方ならWiMAXでも十分使えます。

私の地域は環境が悪いのか光回線なのにWiMAXとあまり変わらない数値です。

それなら、光より月1500円ほど安いWiMAXに乗り換えた方がいいような気がしますね。

光の遅さで悩んでいる方はこちらの記事をご覧ください。

意外と対策方法があるものです。

それでも改善しない時は思い切ってWiMAXに変えてみるのもいいでしょう。

まずはTry WiMAXでWiMAXの電波状況を確認してみましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です