最新のAndroidが使いたいけどアップデートできない理由【更新はいつ?】

最新のAndroidが使えないのは大人の事情があった

スポンサーリンク
レクタングル(大)

最新のAndroidが使えるのはNexusシリーズだけ

Android 6.0の配布が開始されました。

Now on Tapやバッテリーの持ちを改善するDozeモード、マルチウインドウなどが追加されたAndroid 6.0をいち早く使いたいと思う方もいることでしょう。

あなたがもし最新のAndroidを使いたいのであればNexusシリーズを使う必要があります。

Nexusシリーズはグーグルが販売している機種であり、常に最新のAndroidが搭載されることが約束されているからです。

私はNexus5を使っていますが、Android 6.0の配布が始まってすぐにアップデートすることができました。

ただし、Nexusであればどれでもいいということではありません。

古い機種は対象外になりますし、全てが最新のAndroidが使える訳ではないので注意しましょう。

ドコモ、au、ソフトバンクの対応状況は?

いわゆる携帯キャリアメーカーが発売している機種はどうなのでしょう。

結論からいうとNexusシリーズの半年遅れでやっと最新のAndroidを使うことができます。

例えば、ドコモの2015-2016冬春モデルはAndroid5.1 Lollipop対応となっています。

Nexusシリーズは既にAndroid 6.0へ移行しているというのに遅すぎますね。

なぜかというと、日本のスマートフォンはおサイフケータイ、ワンセグなど独自の機能を入れているからです。

さらに各キャリアによって独自のアプリやUIなどを設定しているからです。

分かりやすく言うと

1 Androidが新しくなる

2 独自の機能やアプリなどが新しいAndroidでしっかり動くように調整する

3 調整した後に念入りに確認をする

ざっくりと言うとこのような手順をとります。

つまり2と3の行程が非常に時間と手間が掛かるんですね。

それに比べてNexusシリーズは余計なものが入っていないのでスムーズに移行ができます。

さらに動作も快適でいいことだらけ。

ドコモは「今後、Androidのアップデートを世界基準の速さに近づくように努力する。」というコメントを出しているので改善を期待していいでしょう。

だだ、現状ではドコモ、au、ソフトバンクなどのキャリアの手がかかったスマホを使っている方はしばらく我慢が必要です。

ちなみにドコモの2015-2016冬春モデルはAndroid 6.0に対応するとのことです。

おそらく来年に入ってからなので、気長に待つしかなさそうです。

古い機種は最新のAndroidは使えないの?

先ほどの話で出ましたが、スマホを最新のAndroidに対応させるとなるとものすごい時間と手間がかかります。

すなわちお金がかかるということです。

古い機種のためにいつまでもお金をつぎ込むわけにはいきません。

こういった理由から通常は発売から2年ほどで最新のAndroidにアップデートできなくなります。

残念ですが、携帯会社が利益を優先するのは当たり前のことなので諦めるしかないです。

携帯会社としても、古い機種を使うより新しい機種を買ってもらいたいでしょうから。

ちなみにiPhoneなら、ある程度古い機種でも最新のOSに対応できます。

Androidよりはサポート期間が長いので、古い機種を使っている人を大切にしていると言えるでしょう。

端末とOSを同時に開発しているAppleだからこそできる技です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です