TODAYで今日の日付を表示しよう【エクセル関数・初級】

今日の日付を簡単に表示できるTODAY関数

スポンサーリンク
レクタングル(大)

請求書や報告書の日付表示に使いましょう

今日の日付を表示したい時はTODAY関数を使います。

使い方はものすごく簡単!

=TODAY()

これを入力するだけで今日の日付が自動で表示されます。

通常、関数には引数というものが必要なのですが、TODAY関数には必要ありません。

54646464884

試しに入力してみましょう。

百聞は一見にしかず!エクセルの上達方法はとにかく使ってみることです。

TODAY関数の応用編

TODAY関数は常にその日の日付が表示されます。

では1日前の日付を表示したい時はどうすればいいでしょうか?

つまり昨日の日付です。

=TODAY()-1

そんな時はこれでOKです。

TODAYから1を引いていますね。

1というのは1日のことです。

では明日の日付を表示したい時は?

=TODAY()+1

けっこう簡単じゃないですか?

色々と応用ができそうですね。

日付の表示方式を変えたい

初期値では「2015/9/24」という表示形式ですがもちろん変更することができます。

「右クリック」→「セルの書式設定」→「表示形式」

654884656

初期設定のもので十分だと思いますが、自分で設定をすることもできます。

○2015年9月24日

○平成27年9月24日

○9月24日(木)

などなど。

エクセルの日付をもっと活用するには

エクセルの日付はシリアル値というものを使っています。

エクセルは日付を利用して値を操作する場面が多々あります。

シリアル値を覚えれば日付操作は自由自在です。

少し難しいですが、エクセルを覚えたいのであればシリアル値は避けて通れません。

参考記事:日付を入力する時はシリアル値を意識しよう【エクセル関数・初級】

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。