格安でインターネットショッピングをする方法【80%~50%オフ】

「調べすぎない」ことも大切

スポンサーリンク
レクタングル(大)

ある程度調べたらさっさと買ってしまいましょう

「なるべく安くで良い物が買いたい。」

誰もが思っていることだと思います。

インターネットショッピングは実店舗型に比べてメリットが多いです。

まず商品点数が多い。

なんでも揃っています。

次に価格が安い。

価格が安い上に送料無料の所も多いのでありがたいですね。

でもデメリットもあります。

それは商品点数が多すぎること、店舗が多すぎることです。

どちらもネットショッピングのメリットですが、同時にデメリットでもあります。

実店舗であればスペースの問題もありますので厳選された商品が並んでいます。

移動が大変なので2~3店舗を見るのが限界でしょう。

しかしネットショッピングは似たような商品がいくつも並び、店舗の移動もクリック1つです。

つい、いろんな商品をチェックしたり、あっちこっちのサイトを行き来したりしていませんか?

そんなに時間をかけて調べるような大切なものですか?

良い物を求めすぎて時間を無駄にしてしまうのです。

確かに「より安くより良い物」を手に入れるにこしたことはないですが、それと引き換えに膨大な時間を失っていることに気づかなくてはいけません。

もちろん、商品にこだわりがあったり、ネットショッピングそのものを楽しむのであれば話は別です。

しかしそれ以外であれば、ある程度調べて良い物が見つかればさっさとカートに入れて購入した方が絶対にいいです。

この記事のタイトルには80%~50%オフと書いていますが、もしかしたらそれ以上の割引率かもしれません。

人によっては100%割引になるでしょう。

それくらい時間は貴重なのです。

Time is Money(時は金なり)です。

5,000円の商品を、なんとか4,500円で買えないかと1時間モニターを見続けていませんか?

1時間分の時間をお金に換算したらいくらでしょう?

500円安くするために時間を費やすより、その時間で映画や本を観たほうがはるかに有意義です。

情報の受け取り過ぎに注意

情報の波にのまれないようにして下さい。

インターネットは便利です。

簡単に大量の情報にアクセスできます。

検索すれば何でも出てきます。

情報は大切です。でも多すぎると大切なものを無くしてしまいます。

それは「決断力」です。

何かを買おうとするときに、その商品について調べます。

すると、いい情報だけではなく悪い情報も出てきます。

そうすると決断力が鈍り、ずるずると時間だけが過ぎてしまいます。

もちろん悪い情報も大切ですが、気にしすぎてはいけません。

どんなものにも多少の欠点はあります。

小さい欠点など気にせずに、自分がいいと思ったらそれでいいのです。

インターネットショッピングのコツ

筆者が実践している方法です。(全く知識がない商品を買う時)

1 レビューを見る

2 売り上げランキングを見る

3 レビューと売り上げ、どちらも上位の商品を2~3個チェックする

4 その中からデザインや性能などを気に入ったものを選ぶ

以上です。

30分ほどで終わります。

今までこの買い方で失敗したことはありません。

購入者のレビューを見ることは大切です。

いい情報より悪い情報をよく見ましょう。

ただし、悪い情報にそこまで神経質になる必要はありません。

レビューも売り上げも上位であれば、いい商品であることは間違いないからです。

売れる商品というのはそれなりの理由があります。

ベストセラー商品は「いいモノ」だからベストセラーなのです。

この方法を実践すればインターネットショッピングを上手に活用できます。

筆者はこの方法に気づくまで膨大な時間を無断にしてしまいました。

「少しでもいいものを」

「少しでも安いものを」

皆さんが、「少し」と引き換えに貴重な時間を無駄にしないように参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です