Twitterでのコンサートチケットの個人売買は危険です【ネット詐欺】

個人売買にはリスクを伴うことを知ろう

スポンサーリンク
レクタングル(大)

気軽に利用できるTwitterでの取引が多くなっています

インターネットでの個人売買といえばヤフオクや楽天オークションなどが有名ですが、最近では誰でも簡単に取引が出来るスマホアプリやTwitterなどのSNSも多く利用されているようです。

特にTwitterは利用者が多いため個人売買が活発に行われています。

Twitterで「#チケット」「#チケット 譲」などで検索するとたくさんのツイートがヒットします。

色々検索をしてみると、服やCD、小物、アイドルグッズなどが売買されていましたが、一番人気はコンサートチケットでした。

嵐などの人気アイドルはコンサートチケットを購入するのも一苦労です。

ファンクラブ会員でさえも抽選に当たらないと買えません。

そんなチケット難民がTwitterで検索をしてみると「チケット譲ります」のツイートがある。

思わず飛びつきたくなる気持ちは分かります。

個人売買はリスクが大きい

でもちょっと待って下さい。

あなたがチケットを買おうとしている人をあなたは知っていますか?

もちろん知るわけありません。

知っているとしたらその人のアカウントくらいでしょう。

そんな見知らぬ他人に今からお金を振り込もうとしているわけです。

それって大丈夫ですか?

怖くないですか?

お金を振り込んだとしてチケットは送られてくるでしょうか?

支払いを代引きにしたとしても封筒に本物のチケットは入っているでしょうか?

そもそも、その人はチケットを持っているでしょうか?

仮に、仮にですよ?

騙されてお金を盗られたとしてもどうすることもできません。

だって相手のことを何も知らないんですから。

個人売買は大手のサイトを利用すること

個人売買はあまりにも危険すぎます。

もちろん中にはきちんと取引をしてくれる人もいます。

だましてお金を盗ろうなんて人はほんのわずかで、ほとんどの人が純粋に取引をしようとしています。

でも、あなたがそのわずかの犯罪者にだまされる可能性はゼロではありません。

こういった事情から個人売買は大手のオークションサイトをおすすめします。

Twitterに比べると面倒ですし、手数料が掛かります。

しかし、ヤフオクなど大手のサイトは買い手も売り手も保護してくれます。

例えば、お金を振り込んだのに商品が送られてこない場合もしっかり返金保証がついています。

何かトラブルがあった時はサポートをしてくれるのです。

個人売買に比べるとはるかに安心して取引ができます。

顔が見えないことの危険性

TwitterだけではなくSNSや掲示板など様々なサイト上で個人売買は行われています。

ネット上の取引は相手の顔が見えません。

実績のあるネットショップならまだしも、どこの誰だか分からない人との取引は不安ではありませんか?

もちろん、ネット上の個人売買にもメリットはありますがデメリットの方が大き過ぎます。

「どうしても手に入れたいチケットがあるけどツイッターでしか見つからない。」

「ツイッターだったらヤフオクより少し安くで手に入る。」

どうしても個人売買をしたいという時も出てくると思います。

そんな時は少し考えてみましょう。

もし商品が送られてこなかったら?

お金を振り込んだ後にアカウントが消されて連絡が取れなくなったら?

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。