フレッツ光なのになぜか速度が遅い時の対処方法【LANケーブル編】

回線が遅い意外な原因…まさかのLANケーブル!?

スポンサーリンク
レクタングル(大)

LANケーブルにも規格があるんです

パソコンもルーターも最新、通信プランは最速の1Gbps。

なのに速度が出ないなんてことはありませんか?

もしかしたらLANケーブルが原因かもしれません。

LANケーブルって破損したり使えなくなるわけじゃないから、なかなか買い換えないですよね。

でも古いケーブルをそのまま使っていると速度が遅い原因になるかもしれません。

LANケーブルにも規格があるからです。

 

カテゴリー5

CAT5

カテゴリー5e

CAT5e

カテゴリー6

CAT6

カテゴリー6A

CAT6A

カテゴリー7

CAT7

通信速度 100Mbps 1Gbps 1Gbps 10Gbps 10Gbps
伝送帯域 100MHz 100MHz 250MHz 500MHz 600MHz

カテゴリーの数字が大きいほうが性能がいいです。

ここで注目するのは通信速度です。

現状ではカテゴリー5e以上であれば問題ありません。(全て通信速度が1Gbps以上ですね)

一般家庭で10Gbpsの通信速度が普及するにはもう少し先になると思いますので、カテゴリー6a、カテゴリー7はオーバースペックです。

しかしカテゴリー6aも値段が下がってきているので、先行投資ということで購入してもいいですね。

カテゴリー5に注意

さてここで注意しなければいけないのはカテゴリー5のLANケーブルです。

通信速度100Mbpsなのでどうあがいても1Gbpsは出ません。

現在、一般的に普及しているのはカテゴリー5eケーブルですが、もしかしたらカテゴリー5が紛れているかもしれません。

ネットワークの世界は日進月歩なのでカテゴリー5は既に旧規格になっています。

将来性も考えて交換することをおすすめします。

LANケーブル規格の確認方法

これは簡単です。

LANケーブルを見ると数字が書いています。

IMG_3616

IMG_3607

まとめ

意外と見落としがちなLANケーブルですので、パソコンやルーターの買い替え時に確認してみて下さい。

筆者は無線LANルーターを購入したのと同時にLANケーブルも替えました。

IMG_3590

10年間使ったカテゴリー5のLANケーブルです。

1Gbps環境に移行したので今後使うことは無いでしょう。

長い間お疲れ様でした。

IMG_3585

カテゴリー6aのLANケーブルです。

無線LANルーターからパソコンへ有線接続します。

カテゴリー6aの10mケーブルですが、1,000円ほどでした。

これから購入予定の方は先を見越してカテゴリー6またはカテゴリー6aの購入をおすすめします。

カテゴリー7はまだ少し割高です。

少額の投資で性能を発揮しますのでLANケーブルの見直しをしてみましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です