想像以上に便利なワイヤレス充電【Qi・おくだけ充電】

ワイヤレス充電でもっと快適な生活へ

スポンサーリンク
レクタングル(大)

Nexus5がワイヤレス充電(Qi)対応だったので買ってみました

「おくだけ充電」の存在はけっこう前から知っていましたが、「便利そうだな~」くらいにしか思っていませんでした。

今回、Nexus5を購入したあとに、おくだけ充電に対応していることが分かったので充電器を買ってみました。

正確にいうと、おくだけ充電(ワイヤレス充電)の中の一つ、「Qi」という規格なので以後「Qi」と記述します。

ちなみに「Qi」は「チー」と呼びます。

Qiワイヤレス充電器。けっこう色んな種類があります。

さて、Qiの充電器といってもたくさん種類があります。

その中で選んだのがCHOETECH製のT513という製品です。

1,000円くらいの安いものもあったんですが、充電器本体が熱くなるというレビューがあったので少し高いですが評判がいいものにしました。

今後、マイクロUSB接続の充電ではなくワイヤレス充電をメインで使おうと思っているのでしっかりした作りのものがいいと思ったからです。

Qi充電器の商品詳細

アマゾンで注文して翌日に届きました。素晴らしい速さです。

筆者のネットショッピングはほぼアマゾンです。

IMG_3571

本体の大きさはこんな感じです。

img_3575Nexus5の方が一回り大きいですが、置きにくいことはありません。

丸っこいデザインが美しいですね。iPhoneみたいな感じです。

作りもかなりしっかりしていて安っぽくありません。

色は黒と白があるのですが、埃が目立たない白にしました。

本体の下にはすべり止めが4カ所あるのでグラグラ動くことはありません。

IMG_3578

 充電中は青いLEDが点灯するので分かりやすいです。

Qi充電器のだいたい真ん中辺りにスマホの中心を合わせると充電してくれます。

多少ずれても認識するので、「気をつけて置かないと充電しない」ということはないでしょう。

ちなみに手帳型ケースを付けた状態でも充電できます。

手帳型ケースを付けているからといって充電しにくいこともないです。

Qi充電器の気になるところ

便利なQi充電器ですが気になる点が3点だけありました。

充電に時間がかかる

有線充電に比べて時間がかかります。体感的には有線の70%くらいですが、一度正確な時間を測って記事を修正します。

【バッテリー残量0%からフル充電までの時間】

有線 1時間50分

Qi      3時間40分

スマホが熱くなる

ほんのり温かくなる程度ですが気になる人は気になるかもしれません。

電子機器に熱はあまりよくありませんからね。

充電が終わってもLEDが消えない

充電が完了した時点でLEDが消灯してくれれば分かりやすいです。

以上の内容は筆者が購入したCHOETECH製のT513についての不満点なので、性能のいい機種では解消されるものもあると思います。

 

まとめ

こんなに便利なQi充電がいまいち普及していないのはなぜでしょう?不思議でなりません。

ケーブルを抜き差ししないので、マイクロUSB端子を痛めることもありません。

置くだけなので本当に便利です。

そういえば最近、ホンダのN-BOXスラッシュという車に乗ったのですが、Qi充電器が装着されていました。

少しずつ需要が増えているのかもしれませんね。

こういった生活を快適にするものはどんどん普及して欲しいです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。