グーグル日本語入力を試してみる

ブログを書くようになってから長文入力が多くなりました。

すると今まで気にならなかった、文章の変換のしやすさについて考えるようになりました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

IMEってなに?

IMEとは日本語入力を補助するソフトです。

今、筆者がこうやって文書を入力できるのもIMEのおかげです。

代表的な機能として漢字変換があります。

「このぶんしょうをかんじにへんかんしたい」→「この文章を漢字に変換したい」

この漢字変換をIMEがしてくれています。

MS-IMEがちょっと使いづらくなってきた

筆者のパソコンはWindows8.1です。

WindowsがOSのパソコンを使っているならほとんどの人のIMEは「MS-IME」だと思います。

この「MS-IME」ですが、長文を書いていると「上手く変換してくれないなー」と思うことが頻繁に出てきました。

筆者は記事を書くとき平均で1,500から2,000文字くらい入力するので変換の正確さはすごく重要です。

そこで評判のいい「Google日本語入力」を使ってみることにしました。

Google日本語入力って何?

Google日本語入力とはGoogleが提供しているIMEです。

変換のしやすさでものすごく評判がいいです。

もちろん無料です。さすがGoogle先生!

広告が主な収入源とはいえ、このような質の高いサービスを無料で提供しているGoogleは本当にすごいと思います。

Google日本語入力の使いやすさは?

自然に打てるGoogle日本語入力

実はこの記事の始めからGoogle日本語入力を使って入力をしています。

670文字入力してみての感想ですが

ものすごく使いやすいです。

思ったとおりに変換してくれますので、変換キーを何度も押すことがなくなりました。

MS-IMEと比べると30%くらい入力速度が上がった感じです。

どのIMEがおすすめ?

これは実際に使ってみないと分からないですね。

筆者はGoogle日本語入力が使いやすいですが、使い慣れたMS-IMEの方がいいという方もいるでしょう。

他にも「ATOK」が有名ですね。

「ATOK」は長年の実績があり評判も非常に高いです。有料ですが、文書入力が多い方は試してみる価値があると思います。

MS-IME、Google日本語入力、ATOKから選べば間違いないですし、自分に合ったものが見つかるはずです。

余談ですが、筆者のiphoneのIMEはすごく使いづらいです。

有料でATOKがあるんですが、たいして文書入力しないのに1,600円か…と悩みどころです。

ちなみにAndroidはGoogle日本語入力があるんですね。

こういった細かいところでもAndroidはいいなぁと思いますね。

おまけ

Google日本語入力のちょっと面白い機能

せっかくなのでいくつか紹介します。

〇 郵便番号を変換すると住所が表示される。

「160-0013」→変換→「東京都新宿区霞ケ丘町」

〇 「おみくじ」を変換すると今日の運勢が表示される

筆者は「吉」でした。

○ 英語をアルファベットに変換してくれる

「ビューティフル」→変換→「Beautiful」

「インターネット」→変換→「Internet」

面白いと思ったのはこれですね。

○ マニアックな言葉が予測変換で出る

「えきぞーす」→変換→「エキゾーストマニホールド」

「すいへいたい」→変換→「水平対向4気筒」

「えふあーる」→変換→「FRB議長」

「あいば」→変換→「相葉ちゃん」

みなさんもマニアックな言葉を検索してみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です