無線LANって何?Wi-Fiとは違うの?

無線LANとWi-Fiは同じ意味

スポンサーリンク
レクタングル(大)

LANとは?

LANはローカルエリアネットワーク(Local Area Network)の略です。

皆さんの自宅にはパソコンがあります。

ご主人がノートパソコンを持っています。奥さんがタブレットを持っています 子供さんがスマートフォンとゲーム機を持っています。プリンター1台とテレビ1台があり、すべての端末がネットに繋がっています。

これがLAN(ローカルエリアネットワーク)です。

ローカルエリアとは狭いエリアという意味で、自宅や職場などのことを指します。

たくさんのローカルエリアネットワークが繋がってインターネットを形成しています。

じゃあ無線LANとは?

今まではこれらの機器は有線(LANケーブル)で繋がれていました。

でも無線でデータをやり取りする技術が発達してきて最近では無線LANが当たり前の環境が整っています。

スマートフォンやタブレットなどは無線LANじゃないと接続できないですしね。

ノートパソコンを無線LANで繋げれば家中どこにいてもネットができます。

プリンターって意外と場所を取りますけど、無線LANで繋げばパソコンの近くじゃなくても好きなところにおけます。  

無線LANのことは分かりました。じゃあWi-Fiって何ですか?

むかーしむかし(といってもそんなに昔ではないですけど)無線LANが開発されました。

無線LANはとっても便利なのでいろんな機器に搭載され発売されました。  

ある時、A君は無線LAN付きのパソコンを買いました。

プリンターを無線LANで繋ぎたいので無線LAN付きのプリンターも買いました。

「よーし無線でパソコンとプリンターを繋げられるぞ。プリンターは邪魔だから隣の部屋に置こうかな。」

A君はワクワクしながら無線LANの設定を始めました。

しかし・・・無線が繋がらない!!  

今では信じられませんが、こんなことは昔は当たり前だったのですね。

同じ無線LAN搭載機器同士でも繋がらないことがあったのです。

この問題を解決するためにWi-Fi Allianceという団体が登場します。

「同じ無線LANなのに繋げられないっておかしくない?っていうか不便じゃない?」

「よし!うちがこれとこれは繋がるよっていうのを保証するよ。」

「繋がるって認めたものはWi-Fiのマークを付けるよ。そしたらみんな安心できるんじゃない?」  

これがWi-Fiの始まりです。

Wi-Fiは無線LANの中の一つで機器同士の接続が保証されているのです。

Wi-Fi Allianceが統一規格を作ってくれたおかげで、「Wi-Fi対応機器同士は必ず繋がる」という今となっては当たり前のことが当たり前に出来るのです。

そしてWi-Fiはどんどん有名になっていき、今では無線LANといえばWi-Fiというほどまでになりました。  

まとめ

どうでしたか?無線LANのイメージやWi-Fiの成り立ちがご理解いただけでしょうか?

無線LANのメリット、暗号化についてはこちらの記事をご覧ください。

参考記事:無線LANはどこで使えるの?無線LANを安全に使うための注意点              

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。