Windows10の発売日が決まりましたが、そもそもWindowsって何?

Windowsはパソコンの土台です。パソコンを家とします。

今、パソコンを使ってこのブログを見ていますね?それはWindowsという土台があるからブログの部屋があるからです。

パソコンで音楽を聴きますね?Windowsという土台があるから音楽の部屋があるからです。

Windowsはパソコンの土台で、Windows無しではパソコンは動きません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

世界中で最も使われているのがWindows

Windowsは世界で最も使われているOSです。OS(オペレーティング・システム)はパソコンの土台です。

OS(Windows)がパソコンの土台だと説明しましたが、土台が無ければ家は建たないですよね。

パソコンも一緒です。Windowsが無ければ、ソフトは動きません。

しかし、皆さんがOSの存在を意識することはほとんど無いと思います。

意識するのはパソコンを購入するときと、今回の様に新しいOSが発売される時くらいですね。

OSにどんな種類があるのか

主なOSをご紹介します。

〇 Windows → パソコンを持っている方はほとんどWindowsでしょう。買うときに自動で付いてきます。

〇 OS X     → アップル社の、Mac(マック)に搭載されているOSです。Macとはiphoneのパソコン版と思ってもらえればいいです。

〇 Android     →   皆さんご存知のAndroidです。AndroidとはスマートフォンのOS名だったのです。

〇 iOS           → アップル社のiphoneのOSです。

他にもいくつかあるのですが、これだけ覚えておけば困ることはないでしょう。

WindowsとOS X(アップル)、Androidとiphone(アップル)はよく比べられます

もしあなたが仕事でもパソコンを使うのであればWindowsを選びましょう。

Macだと職場で使えたソフトが使えなかったり、ファイルを開けなかったりする恐れがあります。

Macは使いやすさや洗練されたデザインから一部の熱狂的なファンに人気があります。

気になる方は店頭で実際に使ってみることをお薦めします。

但しWindowsに比べて割高であることと上記の互換性の問題があるので、趣味で使うとかではない限り初心者の方にはお薦めしません。

Androidとiphoneの違いについてはAndroidとiphoneどっちを選べばいいの?その違いは?をご覧ください。

今使っているOSをWindows10に変えないといけないの?

今あなたが使っているのはWindows 7ですか?それともWindows Vista?Windows 8?

まさかWindows XPを使っている方はいませんよね?

結論から言うと今のOSを使っていて特に不満が無ければ買い替える必要はないです。

OSにはサポート期間というものがありまして、このサポート期間まではマイクロソフト社(Windowsの販売元)がOSの面倒をみてくれます。

サポート期間中はマイクロソフト社がOSの病気を見つけてせっせと治してくれます。

サポート期間が過ぎるとマイクロソフト社は病気が見つかっても治してくれないので、コンピューターウイルスに感染する可能性が高くなります。

Windows XPを使っている方はOSの変更を!

Windows XPのサポート期間は2014年4月8日に終了しています。

Windows XPのパソコンをネットワークに繋いでいると非常に危険です。

そのパソコンは病気だらけで弱っています。新しいウイルスがどんどん入ってくる恐れがあります。

しかしWindows XPは使いやすくて非常に人気のあったOSなので、まだ相当数のXPパソコンが残っているでしょう。

次のサポート終了はWindows Vistaの2017年4月11日

次にWindows 7の2020年1月14日、windows 8の2023年1月10日です。

なぜ今のOSに不満がなければ買い替える必要がないかというと、まだまだ長く使えるのが理由です。

今使っているOSがサポート終了を迎えるころには、パソコンの性能が古くなって買い替え時期なっています。

なので、今OSを変えるよりサポート終了が近づいた時パソコンとOSを同時に変えた方が絶対にいいです。

Windows 7を使っている方は2020年まで使い倒しましょう

Windows 7はものすごく評判がいいです。Windows 8が発売されてもほとんどの人が乗り換えませんでした。

筆者も一番使いやすいOSだと思います。

Windows XPが今でも愛されている様に、Windows 7もサポート終了まで愛用されることは間違いないでしょう。

今使っている方は特に不満が無いと思います。サポート終了までまだたっぷりとあるので使い倒しましょう。

Windows10に変えなくていいもう一つの理由

最初にお話したとおりOSはパソコンの土台です。

Windows10の発売直後は、あなたが使っているプリンターやスピーカー、キーボード、マウス、DVD再生ソフト、動画編集ソフトなどが正常に動くかどうかわかりません。

なぜかというと今使っている周辺機器・ソフトは、Windows8以前のOSで動くように作られているからです。

同じWindowsといっても新しいWindows 10は土台が変わっているので周辺機器やソフトが動く保証が無いのです。

但しメーカーによっては事前に「うちの製品はWindows 10で動きますよー」と告知しますのでホームページをチェックしてみましょう。

Windows 10が発売されて日が経てばほとんどのものが対応していきますので、急いでOSを変えることはないです。

Windows10にアップグレードするならば

なおWindows 10はwindows「7」、「8」、「8.1」からだと1年間限定で無料アップグレードできるそうです。

おそらく「8」「8.1」からのアップグレードが多いでしょう。

なぜならWindows 8(8.1)はものすごく評判が悪いからです。

ちなみに筆者もWindows8.1を使っています。1年前CPUを変えた時に何を血迷ったかWindows 7からWindows 8にOS変更してしまいました。

Windows 8については色々な意見がありますが、筆者は使いにくいです。

なのでWindows 10にアップグレードするつもりなのですが、上記の理由からしばらく様子を見てからアップグレードしようと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. フレンチトースト より:

    OSによって良し悪しがあるなんて初めて知りました(◎-◎;)
    せっかく買い替えても使いづらかったりしたら、損しちゃいますよね(>_<)
    高い買い物なので、皆さんの評判とかをよく聞いてから、私もパソコンを買おうと思います(*^O^*)

    あと、サポートが終了したら病弱なパソコンになってしまうのも初耳でした(゜ロ゜;
    ウイルス対策ソフトを入れる前にサポート期間の確認も大切ですね♪

    たくさんお仕事いただき勉強になりました☆
    次の更新が楽しみです(^з^)-☆

    • koo より:

      いつもコメントありがとうございます。
      そうなんです!コンピューターは病弱なので常にみてあげないといけないんです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です